サイトデザインを改修中です。レイアウトが崩れている可能性がありますが随時修正します。

MIRA HQマップ解説【Among Us攻略】

Among UsのマップMIRA HQ(ミラHQ)についての解説を記載しています。
会議フェーズでのマップ参照やタスクの操作等の参考にしてください。

目次

MAP一覧

各マップの解説記事はこちら

全体マップ

画像は後日、カメラやベント情報を記載したものと置き換えます。

マップの特徴

MIRA HQ(ミラHQ) はやや狭めのマップです。

部屋の出入り口がどこも1箇所しかなく、すべてのベントがつながっていることが特徴です。

ベントでの移動が容易な反面、各部屋の出入り口が限られていることから、ベントの使用を見破られやすくなっています。

クルーメイトの立ち回り

クルーメイトは以下の行動を意識すると良いです。

狭いマップのためインポスターから隠れる・逃げ切るといった動きが難しくなります。
怪しい動きをしている人がいないか、移動経路がおかしい人がいないか常に気にかけましょう。

後半人数が減ってくると一気にクルーメイトが不利になります。マップ左側は特に発見されづらいため、後半までタスクを残さないように心がけましょう。

慣れるまでは扱いが難しいですが、通路の通行ログをきちんと読めるようになると一気にインポスターを追い詰めやすくなります。練習と割り切ってログ読みの練習をしてみてもいいかもしれません。

インポスターの立ち回り

マップが狭く死体が見つかりやすいため、キルが特定されやすいです。

ベントでの移動範囲が広いため、ベントに入った場所から遠い場所でキルをして、もとのベントに戻ってくる動きを意識すると良いでしょう。

2人いる部屋で1人が立ち去ったところをベントキル、のように立ち回れるとかなり有利になります。

また、犯行現場を見られるリスクはありますが、三叉路付近などの通行量が多くなりやすい場所でキルが出来ると容疑者を増やしやすくなります。

設備情報

アドミン

オフィスの端末から各部屋にいる人数をリアルタイムに確認することができます。

・死体も人数にカウントされます。
・ベント内の人数もカウントされます。
・インポスターがアドミンを見ている間はキルクールタイムが進みません。

屋外の大半が通路判定のため、アドミンに映らないエリアが多く存在します。

移動経路が特定しづらく他のマップと比べるとアドミンが使いづらく感じるかもしれません。

通行ログ

通信室の端末から、通路の通行ログを確認することが出来ます。

ログが記録されるのは三叉路と部屋の間で、通過すると足元が緑色に光ります。

ログの各行は通過した位置によって色と先頭のアイコンが変わるので、意識しておくと良いでしょう。

基本的にはインポスターがベントで移動していないか、死んだ人の最終位置がどの部屋かを確認するための手段として使えます。

緊急招集(会議ボタン)

カフェテリア中央のボタンを押すことで緊急招集を行い、強制的に会議フェーズに入ることが出来ます。

・緊急招集ボタンは1人あたり使用可能な回数が決まっています。(多くの場合1人1回)
・ボタンを押すと死体は消えてしまいます。
・ドア閉鎖以外のサボタージュ中には使用することが出来ません。

ベント

インポスターだけが使用できる通路です。

通常移動できない位置へ短時間で移動したり、孤立しているクルーメイトに奇襲を仕掛けるのにもつかえます。
ベントを使用しているところを見つかると、インポスターだとばれてしまうので、使用には注意が必要です。

サボタージュ

インポスターはクルーの妨害として、以下のサボタージュを行うことができます。

サボタージュには、一定時間のクールタイムがあります。

サボタージュが発生している場合は、ミーティングルームのボタンによる緊急招集が使用できません。

サボタージュ中は他のサボタージュを同時に行うことが出来ません。

停電

解除方法:電気室にある配電盤で、5つのブレーカースイッチをすべてON(点灯)状態にする。
※初期の点灯状態はランダム。

停電が発生すると、クルーメイトは視界が著しく制限されます。
インポスターの視界は制限されません。

視界が狭くなることで死体発見が遅れたり、近くでキルが発生しても犯人が特定しづらくなります。

O2妨害

O2妨害が発生して一定時間以内に解消されない場合、インポスターの勝利になります。

O2妨害は温室と下部通路中央にあるパネルに数字を入力することで解消できます。
同時に入力する必要は無いため、1人で2箇所とも修復することが可能です。

コミュニケーション妨害

解除方法:通信室とアドミンにあるパネルの両方で指定された5桁の数字を入力することで解消できます。
右側パネルの下のバーが消えきるまでに入力しないとリセットされます。

コミュニケーション妨害が発生すると、アドミンと通行ログが使用できなくなり、通行ログが消失します。
また、地図からタスクの位置が表示されなくなります。(タスクそのものは実施可能)

数字パネルの距離が離れているため、1人での復旧はほぼ不可能と考えて良いでしょう。

リアクター妨害

解除方法:原子炉の左右にある2箇所のタッチパネルを同時にタッチする。
※解除に最低2人のプレイヤーが必須

リアクター妨害が発生して一定時間以内に解消できない場合、インポスターの勝利になります。

リアクター妨害は解消に同時操作が必要なため、最低でも2人の操作が必要です。
タッチパネルを長押しすることで解除しましょう。

また、リアクター妨害中に死体発見レポートがあった場合はリアクター妨害は解消されます。

タスク

タスクについての解説は以下の記事でまとめています。

この記事をシェアする

コメント

コメントする

目次
閉じる