サイトデザインを改修中です。レイアウトが崩れている可能性がありますが随時修正します。

The Airshipマップ解説【Among Us攻略】

Among UsのマップThe Airship(エアーシップ)についての解説を記載しています。
会議フェーズでのマップ参照やタスクの操作等の参考にしてください。

目次

MAP一覧

各マップの解説記事はこちら

全体マップ

画像は後日、カメラやベント情報を記載したものと置き換えます。

マップの特徴

The Airship(エアーシップ)は非常に広大なマップで、リスポーン位置が6箇所存在します。

複数のリスポーン地点が存在するため、誰とも出会わないまま投票フェーズに移る場合もあります。

リスポーン

The Airshipでは他のマップとは違い、初期リスポーン地点が6箇所存在します。

6箇所のうちから3箇所ランダムに指定され、その中から1箇所を選択してスポーンします。

10秒の制限時間内にスポーンしなかった場合、3箇所のうちランダムな1箇所に強制的にスポーンします。


宿舎前通路

エンジンルーム

メインルーム

キッチン

アーカイブ

貨物室
スポーン地点一覧

インポスターのキルクールタイムはスポーンしてからカウントダウンが始まります。

クルーメイトの立ち回り

クルーメイトは以下の行動を意識すると良いです。

マップが広く、見つかりづらい場所が多いので、インポスターのキルクールタイムまでに死にやすい場所のタスクをこなして、キルクールタイム以降はキルされても見つかりやすい場所のタスクを中心にこなしていくと良いでしょう。

特に以下の場所は通過するだけでは見つからない可能性が高く注意が必要です。
近くを通りがかった場合は死体がないか確認すると良いでしょう。

・ミーティングルーム奥
・アーカイブ上の本棚の影
・ラウンジのトイレ
・貨物室の右下金庫タスク
・シャワー室右のパネル入力場所
・セキュリティルーム
・展望のアップロード
・武器庫の銃を片付ける場所(上下)
・金庫室奥のダウンロード

また、見つかりづらい場所ではないですが、電気室は視界を遮るものが多く、キルが起こりやすいです。

インポスターの立ち回り

マップが広いため、キルをしやすいマップです。

アドミン・心電図・カメラと監視情報が多いため、これらの情報を見ている人を優先してキルすると特定されづらくなります。

特に、キルして数秒後に緊急招集、バイタル情報からキル時間が特定されて自分ひとりだけ目撃情報がなく犯人にされるといったケースが多いです。

出来るだけキルタイミングに単独だったことを悟られないよう、サボタージュと組み合わせることを意識して立ち回りましょう。

設備情報

アドミン

バグ情報
アドミン使用可能範囲でアドミンを見ていない状態の時に、緊急招集ボタンや通報が発生すると、アドミン周辺プレイヤーだけ会議に参加できなくなるバグが発生しています。
部屋主がこのバグに遭遇すると会議画面から先に進まなくなるため、部屋主の退出以外でゲームが進行できなくなります。

コックピットの端末から各部屋にいる人数をリアルタイムに確認することができます。

・死体も人数にカウントされます。
・ベント内の人数もカウントされます。
・インポスターがアドミンを見ている間はキルクールタイムが進みません。

上手く利用することでベント間の移動をみつけることも可能です。

マップ内の大半が部屋扱いのため、アドミンに表示されない位置がどこか覚えておくと良いでしょう。

【アドミンに表示されない場所】

・通信室下の通路
・キッチン-セキュリティ間の通路
・シャワー室右と貨物室左にある内部デッキ
・リフトでの移動中
・はしごの昇降中

カメラ

セキュリティルームから、各所に設置された監視カメラの情報を確認することができます。

・左右のボタンで各地点を切り替えながら表示します。
・カメラを見ている間は、監視カメラに赤いランプが点灯するため、他視点でカメラを見ていたことがわかります。
・コミュニケーションサボタージュ中でもカメラをつければ赤いランプが点灯します。
・インポスターがカメラを見ている間はキルクールタイムが進みません 。

画面を切り替えながら使用するため、見落としが発生しやすいです。
人数が多いうちは誰がいつどこを通ったか覚えておくのが難しいので、ゲーム中盤以降に人数が減ってから使用するのがおすすめです。

心電図(バイタル)

心電図は全員の生存状況を確認することが出来ます。

心電図の表示は以下の通りです。
・緑:生存しているプレイヤー
・赤:前回の投票フェーズ以降に死亡している(マップ内に死体として存在している)プレイヤー
・茶:死亡・追放されたプレイヤー

何秒前に死亡したか、サボタージュの前後いつ頃で死亡していたかなどの情報を覚えておくとインポスターの絞り込みに役立ちます。

インポスターも相方がキルを行っているか誰が死んでいるかなどから自分のキル対象を定めやすくなるため、前を通過する場合は確認しておくと良いでしょう。

緊急招集(会議ボタン)

ミーティングルーム中央のボタンを押すことで緊急招集を行い、強制的に投票フェーズに入ることが出来ます。

・緊急招集ボタンは1人あたり使用可能な回数が決まっています。(多くの場合1人1回)
・ボタンを押すと死体は消えてしまいます。
・ドア閉鎖以外のサボタージュ中には使用することが出来ません。

リフト

昇降機のリフトを使用することで左右に移動出来ます。

・リフトは1台のみで同時に複数人が乗ることは出来ません。
・投票フェーズを挟んでもリフトの位置はリセットされません。
・初期位置は昇降機の左側で固定されています。
・リフトに乗っている間はインポスターのキルクールタイムはカウントダウンが停止します。

はしご

マップ内には3箇所のはしごが設置されています。

【はしごの設置場所】
・ミーティングの入り口
・昇降機右
・メインルーム-電気室間の通路

・複数人が同時に上り下り(すれ違い)可能です。
・昇降中はキルすることは出来ません
・昇降中はインポスターのキルクールタイムはカウントダウンが停止します。

ベント

インポスターだけが使用できる通路です。

通常移動できない位置へ短時間で移動したり、孤立しているクルーメイトに奇襲を仕掛けるのにもつかえます。
ベントを使用しているところを見つかると、インポスターだとばれてしまうので、使用には注意が必要です。

サボタージュ

インポスターはクルーの妨害として、以下のサボタージュを行うことができます。

サボタージュには、一定時間のクールタイムがあります。

ドア閉鎖以外のサボタージュが発生している場合は、ミーティングルームのボタンによる緊急招集が使用できません。

また、ドア閉鎖以外のサボタージュ中は他のサボタージュを行うことが出来ません。

ドア閉鎖

各部屋のドアを閉めることでクルーの移動を制限して、タスクを妨害したり死体発見を遅らせたりできます。

ドアはカードキーを上から下へ通すことで開くことが出来ます。

停電

解除方法:展望デッキ・昇降機・貨物室にある配電盤のいずれかで、5つのブレーカースイッチをすべてON(点灯)状態にする。
※初期の点灯状態はランダム。
※配電盤の操作状態は3箇所で共通

停電が発生すると、クルーメイトは視界が著しく制限されます。
死体発見が遅れたり、近くでキルが発生しても犯人が特定しづらくなります。

インポスターの視界は制限されません。

コミュニケーション妨害

解除方法:通信室の通信機で、右下のつまみを動かし正常な位置に合わせる。

コミュニケーション妨害が発生すると、アドミンとカメラ、バイタルが使用できなくなります。
また、地図からタスクの位置が表示されなくなります。(タスクそのものは実施可能)

通信室にあるラジオの周波数を正常な位置に合わせることで解消できます。

リアクター妨害

解除方法:昇降機の左右にあるパネルの両方で指定された5桁の数字を入力することで解消できます。
右側パネルの下のバーが消えきるまでに入力しないとリセットされます。

リアクター妨害が発生して一定時間以内に解消できない場合、インポスターの勝利になります。

タイミングはかなりシビアですが、リフトを活用することで、左右のパネルを1人で入力することも可能です。
フリープレイモードで練習してみるのも良いでしょう。

また、リアクター妨害中に死体発見レポートがあった場合はリアクター妨害は解消されます。

タスク

タスクについての解説は以下の記事でまとめています。

この記事をシェアする

コメント

コメントする

目次
閉じる